FullSizeRender
【世界に誇れる偉人!吉田松陰の名言】
 
 
(1)
志を立てるためには
人と異なることを
恐れてはならない
 
世俗の意見に
惑わされてもいけない
 
 
(2)
何事であっても、
人に対する思いやりや
 
慈しみの心を動機と
しないのであれば、
 
どうしてなし遂げる
ことができようか
 
 
(3)
同じではない人を
同じにしようなどとせず、
 
いわゆる、
その人の優れた
才能を育てることに
努めるべきである
 
 
(4)
身体が死滅しても、
その精神が
死んでいないものは、
 
昔の聖人や賢者らであり、
これらは永遠に朽ちる
ことのない人である。
 
身体は死滅していないが、
精神が死んでいるのは、
 
今のくだらない
人間の類であり、
生きながら
死んでいる人である
 
 
(5)
立派な人物というものは、
時間をかけてゆっくり
 
成長するものであって、
騒々しい状態では
本物の立派な
人物になることはない
 
 
(6)
人と交際する際には、
あるがままの心で接する
ことが大切である
 
 
(7)
恥を知らない
ということほど
恥ずかしいことはない
 
 
(8)
人の精神は目にあらわれる。
 
だから、人を見る時には、
目を見ることが大切
 
 
(9)
志を立てて始めたことは、
全身全霊を尽くして行い、
 
やめるのは
死んだ後だけである
 
 
(10)
君たち、狂いたまえ
 
 
(11)
大器をつくるには、
いそぐべからずこと。
 
 
(12)
決心して断行すれば、
何ものもそれを妨げる
ことはできない。
 

(13)
小人が恥じるのは
自分の外面である。
 
君子が恥じるのは、
自分の内面である。
 
 
(14)
人間たる者、
自分への約束をやぶる者が
もっともくだらぬ。
 
 
(15)
勉強しない人の
気持ちには3つある。
 
ひとつ目は、「年をとりました」と。
 
ふたつ目は、
「馬鹿ですから」と。

そうでなければ、
「私は才能が高く、
もう学問は極めました」と
 
 
(16)
教えるの語源は
「愛しむ」。
 
誰にも得手不手がある、
絶対に人を見捨てるような
ことをしてはいけない。
 
 
(17)
順境にある者は
怠りがちである。
 
また、
逆境にある者は
励みやすい
 
 
(18)
やろうと思った事は、
その日から始めるのがよい。
 
年齢など
気にすることはないのだ。 
 
思い立ったが吉日である
 
 
(19)
 
私心さえ除き去るならば、
進むもよし退くもよし、
出るもよし出ざるもよし。
 
私心がまだ
除き去られないと、
 
その進退出処みな
私心に拘われて、
道に反することとなる。
 
 
(20)
 
私は人を信じて
失敗することがあっても、
 
人を疑って失敗することは
絶対無いようにしたい
 
 
(21)
 
人の精神は
目にあらわれる。

だから、
人を見る時には、
目を見ることが大切
 
 
(22)
 
自分の価値観で
人を責めない。
 
一つの失敗で
全て否定しない。
 
長所を見て
短所を見ない。
 
心を見て
結果を見ない。
 
そうすれば人は
必ず集まってくる
 
 
(23)
 
一つ善いことをすれば、
その善は自分の
ものとなる。


一つ有益なものを得れば、
それは自分のものとなる。
 
一日努力すれば、
一日の効果が得られる。
 
 
一年努力すれば、
一年の効果がある
 
 
(24)
 
夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
 
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
 
故に、夢なき者に 
成功なし。
 
 
- 吉田松陰 -
 
知り合いがsnsにUPしていました。
いいこと書いてます。
ネットから抜粋
頑張ろうっと!