帰命頂礼釈黒谷の 円光大師の教えには 人間僅か五十年花にたとえば朝顔の 露より脆き身を持ちて 何故に後生を願わぬぞ  たとえ浮世に長らえて 楽しむ心に暮らすとも 老いも若きも妻も子も

後れ先立つ世の習い 花も紅葉も一盛り 思えばわれらも一盛り 二十、三十の人々も。 今夜枕を傾けて。直ちに頓死するもあり  朝だに笑いし幼な児も 

暮れには煙となるもあり 今日は他人の葬礼を 送りし我身も明日は又。あだしの鳥辺野の客となる。此れを思えば自ずから。念仏唱え願うべし。


人の人生のはかなさを感じるうたです。


今がずっと続くなんて 思わない。

だからこそ 今をどれくらい大切に 後悔をしないで 生きてくか・・・・    時は、はかなく過ぎていくもの   

いつか来る 老い

いつか来る 病魔

いつか来る    別れ


いつ何が、起こるかわからない 無常の時 毎日、一生懸命 悔いの残らない生き方を心がけています。


それでも、機械ではないので 日々の感情、身体の都合、などによってさぼる時もございます。


しかし、一生懸命 悔いの残らない生き方を、、、


暑い日々が続いてます。

厨房は、36度 汗💦    水分補給は十分にしてます。皆さんも気をつけて。


本日も、暑い中 沢山のお客様にご来店いただきました。


陶器店も、記念品の注文も重なり、忙しくさせていただいております。


明日から、三連休。忙しくなるぞ!

気張りまっせ!