二足三足四足五足のわらじ男の日記

店主のつぶやき!!!

信楽焼の陶器屋が、営業するうどん屋。うどんに惚れ込んで讃岐うどんの産地 香川県丸亀に通いに通いつめ様々なうどんに出会ってきました。自分で何としてもうどん屋がしたくて始めた店です。一切の妥協なし。抜群のコシのある本格さぬきうどんを是非食べに来てください。陶器屋だけに器にもこだわってます!お買いもの、お食事とごゆっくりおくつろぎください!業務用の器、贈答用各種取り扱っています!小売、卸も大歓迎!是非ご来店心よりお待ちしております!
陶器屋・うどん屋・陶芸家!代表 小谷太智
このブログは、店主の個人的な事もupしますので宜しくお願いします。http://www.kotanito-ki.com




2019年05月

令和記念

毎度ありがとうございます。
令和元年記念に店内で写真を撮りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます!




IMG_4266



先日終了しました、ミホミュージアムさんの曜変天目、大徳寺美術展覧会。
会期中は、かなりのお客様がご来店していたらしい。

確かに、考えると当店にご来店のお客様もそれに比例して多かったと思います。

山の中に美術館が、あるので昼はということで沢山ご来店いただきました。
なぜ美術館経由なのかわかったのか?
お客様に直接聞いたからです。
と恩恵をかなり受けているということです。

いろんな力が絡みあって商いは成り立っているということ。感謝いたします。

そういったことを考えながら、今期の陶芸の森主催のセラミックマーケットと商業組合主催の陶器まつり。例年なら同日開催でしたが、別々の日に開催になりました。
ゴールデンウィークのイベントの時道の混雑の影響の為。苦情がいっぱいきたそうです。

私なりの見解。
両方にとってマイナスしかない。
陶芸の森は、作家さんの品物、商業組合の方はたぬき、フクロウ等の昔ながらの品物。
お客様にとって、その日は、選べる喜びがあります。同日開催の方が相乗効果も期待できるはず。
駐車場から無料バスを走らせ中心部の渋滞緩和など策は色々あるはず。

どんどん逆に行ってしまいます。
お客様にとって何が一番いいのか。
観光地としてお客様目線が一番大事。


言うのは簡単。実際してる方の身になれ。
と言われたらしょうがないですが!



満員御礼

日曜日もオープンから沢山のお客様にご来店いただきました。

当たり前ではない。
まわりにも、沢山店が、ある中で当店を選んでいただいている事。
いつも最高のパフォーマンスでお客様をおむかえする。
いつまでも忘れてはいけない。

自分はもちろん、スタッフにも時には厳しく接する時もあります。

入りたての、スタッフにも時には厳しく接する。
慣れは最大の敵。
初心を忘れてはいけない。

いつまでも。いつまでも。




先日、ミホミュージアムへ。
国宝。曜変天目。をみてきました。

IMG_4579
IMG_4580
IMG_4581
IMG_4582
IMG_4583
IMG_4595
この茶碗に沢山の人が来ている。

海外の方も、かなり多かった。

今回の、会期は、終わりましたが。是非行ってみる価値は、ありますよ!

無功徳

こないだの記事の続きかな?

見返りを求めてはいけない?禅語、無功徳 (むくどく)とは?
 
皆さんは、無功徳(むくどく)という言葉を知っていますか。
 
聞いたことがありますか。
 
簡単に言うと、功徳の反対の言葉ですが、無功徳はどういう意味なのか、無功徳は、どのようなことなのか、今回は、この無功徳について、お話しします。
 
功徳とは?
 
功徳とは、御利益や、神の恵みといった意味を指します。
 
つまり、現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行のことです。
神仏の恵み、御利益ともいいます。
 
無功徳とは?
 
良いことをしたら、良いことがある。
でも、「見返りを期待したらいいことの価値がなくなってしまう」という意味です。
 
こうすれば、こうなるはずなのに、うまくいかない。
努力が報われない。
一生懸命やっているのに感謝されない。
 
まじめな努力家ほど、こういう「功徳」の穴に陥りやすいのです。
自分が行った善行に比例して功徳があると思いがちなのです。
 
無功徳という禅語は、禅宗の開祖とも称される菩提達磨(ぼだいだるま)が残した言葉です。
 
達磨大使が中国に膳を伝えに行った際、当時権力を握っていた武帝との会話の中で放った言葉から伝えられている言葉です。
 
武帝は寺を作るほどの仏教信者で、達磨大使がやってくるということに大変喜んでおり、快く宮中に招き入れました。
 
その際、武帝が達磨大使に問いました。
「私は今まで、寺を作り、経を写し、多くの僧侶を育て上げてきました。こんな私にはどのような功徳があるのでしょう?」
 
その問いに対して達磨大使は一言。
「無功徳」。
この一言のみで武帝と達磨大使との問答は終わりました。
 
武帝は「なぜ今までこのような行いをしてきたにも関わらず、無功徳だというのか?」と思いましたが、何の御利益のないの一言だけでした。
 
仏教信者である武帝すら、分かることがなかったこの「無功徳」という言葉。
それ以来、この言葉は長く伝えられてきているのです。
 
「御利益があると思って行っていることは善行とは言えない。無益でも愚業だと言われようとも、自分の信じる道を邁進するのが仏の慈悲行であるということ。寺を作ることも、経を写すことも、僧を育ててきたことも、その一つ一つの行いこそが、功徳のあることにも関わらず、それ以外に何を求めようか」
 
つまり、寺を作ったことも、経を写したということも、僧を育てたということも、その行動こそが素晴らしいのであって、人のために何かを行うということは、それ自体が尊いということです。
 
まとめ
 
私たちこそ、この無功徳を学ぶべきなのです。
 
見返りを得ることになれてしまっている人間は、人に親切にすることにすらも見返りを求め、その見返りを当たり前だと認識しています。
 
「あの時助けてあげたのにも関わらず、何も恩を返してくれない」
見返りを繰り返してきた私たちは、その当たり前と思っていた見返りがなければ、ひどく落ち込んでしまうのです。
 
見返りがないことに、不安や怒り、悲しみや憎しみなどに関女医鵜を奪われ、どんどん心を傷つけてしまいます。
 
最初から見返りを求めた行動をしていなければ、そういったことにはならずにすんだのです。
 
私たちは、行動そのものに価値を見出す必要があります。
 
親切にするということは、その行動にすでに価値があり素晴らしいことです。
それに気づくことができれば、何をしても自然と心が満たされてきます。
 
時には、その行いに見返りがあるかもしれません。
その時はその見返りに感謝しましょう。
 
感謝するということも大変すばらしい行いです。
 
「無功徳」、この言葉から学びとり、清い心で生きていくことで、幸せな人生を歩んでいけるということでしょうか。
IMG_4463

そこには、一切の見返りはない。
大阪のおばちゃんと呼んでいる。
血のつながりもない。
祖父の弟の内縁の妻。92歳
ここ10年は、枚方へ通っている。
月一から週1、週2へ。
自宅から施設へ
血のつながりがないから市の職員の方への説明も難しかった。でも、皆さま親切に対応してくださいました。家系図。写真。遺産分割協議書。色々出して関係を説明。

私は、本家、長男。
父も亡くなって、全て私の方にかかってます。
最後まで、段取も完了している。
行くと喜んでくれる。うどんを持って行くとうまいうまいと言って食べてくれる。

それだけで。嬉しい。ただそれだけ。
そこに。プラスもマイナスもない。





焼き物の産地滋賀県 信楽で陶器屋と本格さぬきうどんの店を営んでおります。陶の里 コタニ陶器株式会社です。宜しくお願いします。楽天店も宜しくお願いします。http://t.co/ad8iQQVrmi
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ